スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを見ればセミナー来なくてもいいです。

江上です。

昨日は実例として、
私の体験談を話しました。


スピリチュアルを自称する人たちは
身体面のアプローチをおそろかにしがちです。

自己啓発の多くは、
心(精神・マインド)のみのアプローチに
終始しています。

宗教家は、
霊性のみになりがちです。

実際には、
その3種を同時にあつかわなければ、
癒しは実現できません。


私はこのことを、

何度も紹介した
デヴィッド・ホーキンズ博士から学びました。

Healing and Recovery という本に載っています。

また、
いくつものレクチャーDVDやCDで
触れられています。


引き寄せの法則についても語っています。

特に、
In the World but not of it
というCDで語られています。

今回のセミナーでは、
ここからもシェアしたいと思っています。


これらの情報を仕入れるのに、
数万円はかかっています。

もちろん、すべて英語です。

もうすぐセミナー案内をしますが、
これらを自力で学べるなら、
別に来る必要はありません。


私も全部を聞きとれるわけじゃありません。

特に、ジョークとかは理解できないこともあります。

それでも、
学び得たことをあなたに届けるために、
セミナーなどをやっています。


ホーキンズ博士は、

晩年こそ悟りに至った聖者ですが、
私たちと同じように、
苦悩に満ちた人生を送ってきました。

絶望的なアルコール中毒だったり、
娘が自殺したり、
アレルギーでレタス以外食べられなかったりと、

それはもう大変だったようです。


ところが、

本物のスピリチュアルな教えに従って
歩むことによって、

適用することによって、

それらの状況から回復し、
奇跡を目の当たりにし、
最終的にブッダの境地に至り、

私たちにシェアしてくれました。


私は博士と友達だったわけではありませんが、

なんとか最後のレクチャーに参加して、
彼のオーラに触れることができました。

渡航などで20万円かかりましたが、
その価値はありました。

金で買えるものじゃありませんからね。

私にとって、
そして多くの人にとって、

彼は命の恩人です。


その彼の、
科学的でありまた霊的である教えを、
広めていきたいというのが、
いまの私の願いです。


古い自分と【決別】してください。

あなたの役に立てばと思います。


ではまた。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

身体を治さないとよい引き寄せは到底ムリ

江上です。


昨日は、
波動(意識レベル)を上げることに
お金を使おう、という話をしました。

波動を上げることを、
生活に取り入れるってことですね。

習慣になってしまえば、
ほぼ自動的に上がってゆけることになります。

そこにもう努力はいりません。


さて、

前に、身体、心、霊性の、
3方面アプローチが必要だという話をしました。

ここで私の実例を話します。


実は私は、うつ病でした。

いまも治療中です。

薬を飲んでいます。

人からはそう見えないでしょうが。


母の死、
そしてその後のがんばりすぎもあって、

張り詰めた糸がプッツン切れてしまったんですね。

何年も前の話です。


昔はうつ病なんて知りませんでしたし、
薬に偏見もありましたから、

通院するフリして
飲まなかったこともありました。


あの頃は絶望でしたね。

家の外を走る車の音や、
電話も、
新聞屋さんがドアをコンコンする音も、

怖くて仕方ありませんでした。

ほっといてくれ、
という感じでした。


それから、

なんとか治したくて、
どういう状態なのか知りたくて、

心理学や精神医学の本を読んだりしていました。

引き寄せの法則の本を
読みあさったのもこの頃です。


とにかく読んでいました。

教えを当てはめていました。

肯定的側面の本を書いたり、
アファメーションをしたりしていました。

これらは心(精神面)へのアプローチに相当します。


大きく変わったのは、
奇跡のコース(ACIM)のワークをはじめてからと思います。

奇跡のコースのワークブックは、
意識レベル600という、非常に高い波動にあります。

それは霊的覚醒の段階です。


見てみればわかりますが、

ワークは
頭で納得してわかるようにはできていません。

ワークをすることで、
その高い波動に触れ続けるというのがミソなのです。

これは霊的アプローチに相当します。


そして、

これらを実行するのを支えたのが、
身体へのアプローチ、すなわち薬です。

病気というのはみな、
心に抱いている信念が身体に現れたものです。

十分に現実化して、
身体の中に異常の「原因」が見つかれば、
それは内科や外科が扱う、従来の領域です。

「原因」が身体に見つからない場合、
それは精神科が扱う領域となります。

それだけの違いです。

いわゆる
「心の病気」という特別なものがあるのではなく、

「身体の病気」と
本質的にはなんの変わりもありません。

どちらも
本当の原因は心にあるのです。


で、薬の話ですが、

長年のストレスなど、
ネガティブな波動にさらされたことにより、

脳の神経回路が変わってしまった状態が、
うつ病などの精神疾患です。

それは、
精神のアプローチのレベルでうまくいっても、
そうすぐに元に戻るものではありません。

なので、投薬をつづけることが必要なのです。


これは、
悟りを開いた聖者であると同時に精神科医でもあった
デヴィッド・ホーキンズ博士の教えです。

Healing and recovery のうつ病の章に書いてあります。


自分の体験では、
最初は薬を飲んでも違いがわかりませんでした。

だから無意味だと思っていたわけですが、
休んで、心の波が落ち着いてくるにつれ、

薬を飲んだときとサボったときの
身体に感じる微妙な違いに気づくようになりました。

私の場合、
薬を飲まないと呼吸が苦しくなるのです。
(それは、抑圧されている深い悲しみの現れです)

以前はそこにすら気づいていませんでした。

長いことそうだったわけですから、
それが普通になっていたんですね。

でも、呼吸自体が苦しいのに、
他のことをがんばれるわけがありません。

当然ですね。


博士の本を読んでからは、
確信したので、サボらなくなりました 笑

おかげさまでいま、
この文章も楽しく書けているというわけです。


以前は、一日一回
エイブラハムのメルマガを出すのが精一杯でした・・・

なってみればわかりますが、
セミナー資料とかそんなのまとめられる状態ではありません。

親が死んだ翌日に
仕事しているのを想像してみてください。

無理です。

うつ病とは、
そういう状態が延々とつづく症状です。


というわけで、

多少なりとも自覚のある人は、
心療内科や精神科へ行ってください。

今はもうドラマ化するくらいメジャーですから、
恥ずかしくもないですね。

人間は、遅かれ早かれ、
誰でもうつ病になる可能性があります。

何か外側のものに価値を置いている限り、
それを失うとき、悲しくなります。

普通は2,3日で回復するものですが、
度合いがでかいと、
波動(意識レベル)が下がったままになり、
次に身体がそれについてきて、
自然回復不能な状態になってしまう、ということです。


そんな状態で、

いい気分でいられることを考えて、
いい現実を創造をしよう、

なんて、無理です!


身体、心、霊性の3方面アプローチがいるとは、
こういうことです。

難しかったかもしれません。

ではまた。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

波動を上げることにお金を使う習慣を身につけよう

こんばんは、江上です。

昨日は、
信じるに値する情報だけを取り入れよう
という話をしました。

世の中誤った情報源がたくさんある、
だから簡単に信じない、
情報源を選ぼう、

そういう話をしましたね。


今日はお金の使い方について話します。

昨日の話をからめると、
誤った情報源にお金を使わないことですね。

それはハッキリいって、
無駄遣いです。

金を払ってウソを教えてもらうなんて、
愚の骨頂ですよね。

しかし多くの人は
それをやってしまっているのです。


悲しいことに、

人間の精神には、
真偽を区別できないという欠陥があります。

そのために、
意図していなくても
誤りを選んでしまうんですね。

それは悪いというよりも、
単なるミステイクです。


ミスをゼロにするのは難しいですが、
意識して選ぶことはできます。

先日触れましたが、

幸い今は、
真偽を見分けられる方法があり、

また、
その方法によって確かめられたリストがありますので、

それに従っていけば間違いは防げます。

その内容は
昨年9月に行ったセミナー動画のなかにあります。

http://1challenger.com/order/120922seminar_video.html



さて、
お金の使い方に戻りますが、

私が提案したいのは、
波動を上がることにお金を使おう、ということです。

誤りにではなく、
真実を選ぼうということです。


具体的には、

終末論などの本を買わない、
そういうセミナーもいかない、
ましてや新興宗教の「幸せの壺」とかなんて買わない。

そうではなく、

波動を上げる音楽(クラシックなど)を買う、
清潔で快適な部屋に引っ越す、
確証済みの聖者の本を買う、
良い意図で誰かにプレゼントを買う、

などといったことです。


これを理解すれば、
生き方そのものがスピリチュアルになります。

お金の使い方は、
そのまま、生き方みたいなもんですからね。


私も、

コーラが波動が高いことを知ってからは、
コカ・コーラやペプシにだいぶ貢いでいます 笑

緑茶もいいですよ。

そうした、日常にありふれていることが、
実は波動が高かったりするので、
おもしろいです。

情報源は、前話した、
デヴィッド・ホーキンズ博士です。

私が学んで知っているデータの多くは、
前回の名古屋セミナー映像の中にあります。

http://1challenger.com/order/120922seminar_video.html


私は、こういう活動で得た利益を、

日常生活的なことに加え、

ホーキンズ博士をはじめとした聖者の教えを取り入れ、
広めるために使っています。

これがある種の責務であると感じると同時に、
やっているのが楽しいからです。


あなたにも同じことをしろとは言いません。

人にはそれぞれ違った役割がありますから。

教える人もいれば、
教えない人もいます。

ただやってほしいのは、

波動(意識レベル)を上げる
お金の使い方を心がけてほしい、ということです。


伝わりましたかね?

ではまた。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

信じるに値する情報だけを取り入れよう

江上です。

昨日はちょっと
難しかったかもしれません。

しかしとても重要なことなので、
覚えておいてください。


今日は、
情報の取り入れ方について。

知らないから、
知りたいから、

いろいろ調べると思うんですが、

あなたは、

その情報源が
ほんとうに信頼できるものかどうか、

ちゃんと検討していますか?


人間は、
だれもが無垢(イノセント)です。

子供は何も疑いません。

言われたこと、
見聞きしたことをすべて、
そのまま信じてしまうのです。

その、
子供のころの無垢さは、

大人になってもそのまま残っています。


ですから、

触れる情報源は、
注意深く選ぶ必要があります。


新聞を毎日読んでいませんか?

残念ながら、
いまのマスメディアは堕落しきっています。

ウソやねつ造ばかりです。

世界的に有名な、
ニューヨークタイムズ、
ニューズウィークも、
今やネガティブな波動のレベルにあります。


その辺の適当なブログの記事を
そのまま信用していませんか?

それらは大抵、
又聞きの又聞きもいいところで、
信頼性にはとぼしいです。


あの人はこう言っている、
この人はああ言っている、

そういう意見に振り回されて、
混乱しているのではありませんか?

それは、
その情報源を
無意識的に信じているからそうなるのです。

しかし情報源そのものが信頼できないのです。


本屋の
スピリチュアル系の本棚の、

半分は偽物です。

ネガティブな波動です。


この事実を知らない人は、

読むものすべてが
「スピリチュアル」だと信じて、

ようするに真実だと思って、

読みふけりますが、

実際には半分の本はフィクションです。


終末予言系はその典型です。

スターピープル(スターシード)系などもそうです。

フィクションです。

地球は5次元などに行きはしませんし、
カルマのない特別な星の子人間などいません。


私がこれらを断言するのには
ちゃんとした根拠があります。

信頼できる情報源を元に、言っているんです。


ブッダはかつて警告しました。

かんたんに物事を信じず、
主体的に判断するようにと。

理学部出身の私は
根が科学者ですから、

そう簡単には信じません。


ブッダやイエスは信じていいのです。

なぜそういえるのか?

それは前回のセミナーで説明しました。


真実は、
最低限、科学的でなければなりません。

科学的とは、
科学っぽい用語を使っているということではなく、
実証されているということです。


カロリーが高いからどうのこうのとか、
そういうのは科学的ではありません。

ただマスコミに洗脳されているだけです。

まして、
宇宙人からのメッセージなど
実証されていません。


ただ、確かめる方法はあります。

私のように
100%の確信を持って語れる
100%の確度で確かめられる方法が、

21世紀にはあります。

それも前回のセミナーで話しました。

それは世界最高の権威で認められた科学であり、
同時にスピリチュアルな真実でもあります。


私はウソを教えるヤツ呼ばわりはされたくないので、
慎重にやっています。

確証済みの真実のみを
伝えることに集中しています。

まだ上記のことを知らない人にとっては、
この言葉を信じてもらうほか、ないのですが。

信じられるなら、
ついてきてください。




まとめると、
今日言いたいことは、

そう簡単にホイホイ信じるな、
ということと、

触れる情報源をしっかり選べ、
ということです。


なにかコメントください。

ではまた。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

★身体・心・霊性への3方面アプローチ

こんばんは、江上です。

昨日は、
波動のベースアップをしよう、
という話をしました。

今日はもっと具体的に。


ネガティブな思考でグルグルなってしまうのは
よくないとわかっていても、

なかなかそこから抜け出せないのが人間です。

そのために
癒やしのパワーが必要だといいました。


実は、
癒やしには3つの側面があります。

身体、心(精神)、霊性の3つです。


引き寄せの法則について
読んだ人は、

思考をなんとかしようとしますが、

それは、心を扱っています。

頭の中のことですからね。


これはこれで重要なんですが、

癒やしをもたらすには、
まだ2つの側面が欠けています。

3方面のすべてからアプローチして始めて、
癒やしは可能になります。


これは、
デヴィッド・ホーキンズ博士の教えです。

Healing and Recovery という本に載っています。
(日本語訳はまだありません)


彼自身が、
このことを活用して、

悟りの最終段階(ソースと完全一致した状態)に
至った人です。

博士は、
スピリチュアルティーチャーであり(霊性を扱う)、
精神分析家(心を扱う)、
また精神科医(心と身体を扱う)でもありましたので、

まさに
3方面からのアプローチを教えるのにふさわしい人です。


その彼の教えを掘り下げます。

身体へのアプローチとは、

生活習慣(睡眠、食事など)、
治療、薬といった、

現代の私たちにもなじみ深いアプローチです。


「スピリチュアル」を自称する人の中には、
この面をおろそかにしている人が多いようです。

心(マインド)のパワーだけで
すべてなんとかなると思っているのです。

しかし、
人間の心は
身体の状態に引きずられますので、

身体もケアしなければ、
健全な心は保てません。


ウンコがしたくてたまらないのに、
いい気分でいるのは難しいです。

腹ペコなのに、
いい気分でいるのは難しいです。

栄養素が不足しているのに、
いい気分でいるのは難しいです。

なので、身体をちゃんとケアしてあげてください。


もう一つ欠けているものが、
霊性へのアプローチです。

これは具体的には、
祈ったり瞑想したりすることが当てはまります。

私たち人間は、
自分の個人的な力だけでは
ネガティブ性から抜け出すことは不可能です。

できるならもうとっくになっています 笑

ネガティブ思考でグルグル状態から、
抜けられるはずです。


しかし
霊性へのアプローチなしにそれは不可能です。

なぜかというと、

心(精神・マインド)は、
意識の影響下にあり、

特定の波動(意識レベル)の下でしか働けないからです。


つまり、

ネガティブ思考でグルグルのときは、
その波動に支配されている状態であり、

そこで何をどう考えたところで、
抜け出せない、ということなんです。




じゃあどうしたらいいの?

ってことですが、

それは、
2月23日のセミナーでお伝えします。


今日はこのくらいで。

感想などありましたらコメントください。

では!

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

お知らせ
2月23(土)に名古屋で【引き寄せ力を上げる、癒やしのスピリチュアリティ】セミナー開催します。
メルマガ
引き寄せ初心者必見!
より深い本質の教えや、最新情報をお届けしています。
登録者全員に【引き寄せの法則入門 音声セミナー】をプレゼント 3年間におよぶ質問から生まれた入門セミナーです。
今すぐ下のフォームへ記入して、取り寄せてください。

【読むだけで引き寄せ力が上がるメルマガ】に登録されます。

メールアドレス(必須)  
最新コメント
プロフィール

江上知幸

Author:江上知幸
1979年名古屋生まれ。名古屋大学理学部卒。幼少の頃より聖書を学ぶ。少年時代は科学を好み、勉学に励んだ。趣味の自作パソコンが高じて、大学在学中からインターネットビジネスを手がける。その後、自己啓発や心理学を経てスピリチュアリティの探求に目覚め、エイブラハム、神との対話を経て、ヨガ、奇跡のコース、そしてデヴィッド・ホーキンズ博士など、本質を突いた霊的な教えに傾倒・実践する。そして現在、理解した学びをシェアし、真実を広めるため、セミナー活動などを行っている。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。